キャッシングとカードローンの在籍確認について

キャッシングやカードローンは気軽にお金を借りれる人気の金融商品です。

 

電話

このキャッシングやカードローンにつきものなのが在籍確認ですね。在籍確認はキャッシングやカードローンに申し込んだ人が申し込み書に記載した勤務先で本当に働いているかどうかを確認するためのものです。この在籍確認があるので無職の人は審査に通らないことになっています。審査が非常に甘い小規模の消費者金融の中には無職でも借りれるというところもあるようですが、中には悪徳消費者金融もあり、利用するのはリスクが高いのでやめておいた方がいいと思います。それから、無職の人や水商売の人が審査に通るために偽装会社に在籍確認の対応を依頼するということもあるようですが、発覚すれば詐欺罪に問われる可能性もあるのでやめておきましょう。

 

さて、キャッシングやカードローンの在籍確認ですが、どのように行われるかというと金融機関からは会社名は出さずに個人名で電話がかかってきます。個人名で会社に電話をかけてきてもらうのは不自然と思う場合には、申し込みの際にお願いすれば、希望の社名を名乗ってもらったりすることもできるようです。

 

また、銀行カードローンに申し込んだので銀行名を出してもらっても差支えないと思うならその旨伝えておいてください。在籍確認で聞かれる内容は、名前や生年月日、住所などでオペレーターが述べる情報に間違いがなければ、「はい、はい、」と答えればいいだけなので周りの人にもカードローンやキャッシングの在籍確認の電話だとは分かりません。自分がその時不在で、同僚が電話に出たとしても「今席をはずしています。」などと言ってくれればそこで働いていることが確認できるので、それで在籍確認は取れたことになります。ちなみに無職の専業主婦が借りれるキャッシングやカードローンもありますがその場合、申し込み後に夫の職場に電話がかかってくるのではと心配する方もいますがそのようなことはないので安心してください。ただ、無職の主婦がクレジットカードに申し込んだ場合は、配偶者の勤務先に電話をするカード会社もあります。

 

在籍確認が行われるタイミングは多少違いがありますが、仮審査に通ったあとか本人確認書類の送付が確認された後に行われます。また、在籍確認とは別に申し込み内容の確認ということで、連絡先として申告した電話番号に電話がかかってくることがあります。自宅にかける場合も会社名は出しません。ですから、たとえば無職の専業主婦や無職の年金受給者が申し込みをして自宅を連絡先にしていた場合、家族が電話に出てもカードローンやキャッシングの在籍確認だとは分かりません。
家族に内緒でもお金を借りれるわけですね。

 

内容の確認ということで電話がかかってくる場合は、仕事をしている人なら勤務状況とかその他いろいろと聞かれることもあるようです。でも、申し込みの時に正直に申告していれば、不安に思うことはありません。いろいろ聞かれて気分は悪いかもしれませんが、辛抱して答えてください。金融機関はプライバシーに十分配慮して在籍確認の電話をするので特に心配する必要はありませんが、どうしても不安な方は申し込みの際に在籍確認について質問してみてくださいね。