カードローンの落とし穴

カードローンはネットで24時間いつでも申し込みができて来店不要でお金を借りれるので、気軽に借り入れができます。また、他のローンだと使途を証明できる書類の提出を求められますが、カードローンの場合は、原則本人確認書類だけで借り入れができます。また、勤務形態も正社員でなくてもよく、無職で収入がないという人でない限り借りれます。とっても便利なカードローンなのですが、使い方を間違えると大変なことになりますので気を付けてください。

 

カードローンの一つの落とし穴は、一度契約すれば、限度額以内ならATMで何回でも借りれるという点です。これは落とし穴というよりもメリットのように思いますが、実はこの手軽さが原因で借金地獄に陥っている人が少なくありません。借り入れしているというよりは、自分の預金口座からお金を引き出しているという感覚になりどんどん借金が膨らんでいき、気づいたときには返済不能になっています。また、24時間コンビニのATMでいつでもお金を借りれるので、ちょっとお金が必要だと思うと他の方法を考えないですぐに借入をしてしまい、借金がどんどん膨らんでいきます。

 

落ちる

カードローンのもう一つの落とし穴は、消費者金融の場合はヤミ金から借り入れてしまうという可能性があるということです。ヤミ金と知らずに借りてしまう人もいますが、ヤミ金と知っていて借り入れをする人もいます。ヤミ金では、ブラックOKとか多重債務者大歓迎、無職でも借りれるなどの甘い誘いをしてきますので、すでにどこからも借り入れができなくなっている人にとっては、魅力的に聞こえます。ヤミ金で2〜3万円借りただけとしても、利息は10日に3割とか、10日で5割などのようなとんでもない金額を要求してきますので、あっという間に何十万円もの借金を背負うことになります。借り入れするときに無職で、のちにアルバイトが見つかったとしても返済は相当大変になります。ちなみに利息制限法で最高金利は20.0%と決まっていますので、違法な利息を要求されても返済の義務はありません。万が一、ヤミ金からお金を借り入れてしまい、怖い思いをしているならすぐに警察に相談してください。それから無職の方はカードローンではなく、公的貸付制度を利用して借り入れることをお勧めします。

 

カードローンのもう一つの落とし穴は他のローンに比べると審査が簡単な分金利が高いという点です。たとえば子供の教育費はカードローンよりも教育ローンで借り入れた方が、金利は低いですし、事業資金もカードローンで借りるよりビジネスローンで借り入れた方が返済負担が少なくなります。ところが、手続きが面倒だとか審査に時間がかかるということで安易にカードローンを利用すると返済に息詰まることがあります。特に事業資金を消費者金融のカードローンで借り入れるというのは非常にリスクが高いです

 

カードローンは確かに状況がひっ迫しているときはとても助けになる金融商品です。でも、無計画に借り入れをするとあとで、ひどいストレスに悩まされることになりますから、カードローンでも借り入れは慎重にしてくださいね。