カードローンやキャッシングに申し込む前に準備しておく書類

消費者金融のキャッシングはネットで申し込みができて当日申し込んでも借りれるので人気がありますね。銀行カードローンと比べると、一般には審査もゆるめで借りれる可能性が高いので、申し込んだことがある方も多いと思います。キャッシングの審査は比較的簡単とはいえ、書類はきちんと準備していないと借りれないので申し込む前に確認しておきましょう。

 

 

 

カードと免許

キャッシングでお金を借りるために必要な書類の一つは本人確認書類です。本人確認書類として提出できるのは運転免許証ですが、運転免許証がない場合は健康保険証やパスポートでも大丈夫です。また、本人確認書類は本人の名前と現住所が記載されているものなので、現住所と同じ住所が記されている書類を提出してくださいね。ただ、現住所と書類上の住所が違う場合、キャッシングによっては、公共料金の領収証や請求書などを同時に提出して本審査に通れば借りれることもあります。

 

消費者金融のキャッシングでお金を借りるために必要なほかの書類には収入証明書があります。収入証明書の提出が必要になるのは、一つの貸金業者からの借り入れが50万円を超える場合と複数の貸金業者からの借り入れの総額が100万円を超える場合です。ちなみに銀行カードローンの場合は限度額が100万円あるいは200万円、300万円を超えなければ収入証明書を提出しなくても借りれることになっています。いずれにしても多額の借り入れをする場合は、収入証明書が必要になるので無職の人は借り入れはできません。偽装会社(アリバイ会社)に頼めば架空の会社の収入証明書を発行してもらって無職でも申し込みができることがありますが、嘘だったことがバレるとその消費者金融のキャッシングは二度と利用できませんし、嘘の申告をしてキャッシングやカードローンでお金を借りようとするのは詐欺行為なので絶対にしないようにしてください。無職の人でも借り入れができるのは、配偶者に安定した収入がある無職の主婦や無職でも年金収入がある人などです。専業主婦の場合、消費者金融のキャッシングでお金を借りたい場合は本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類を準備してください。銀行のカードローンの場合は無職の主婦も本人確認書類だけで申し込みができるので家族には内緒でお金を借りたいという人は銀行のカードローンがいいですね。

 

カードローンやキャッシングでお金を借りるのに必要な書類は他のローンと比べると少ないので比較的簡単にお金を借りれるのですが、審査は書類提出のほかに、在籍確認、信用情報機関への個人信用情報の確認というのも行われます。書類の提出は仮審査に通った後の大事な最初のステップなので不備のないように準備して、無事にお金を借りれるようにしてくださいね。