キャッシングやカードローンでお金を借りれるのはこんな人

職業

キャッシングやカードローンで手軽にお金を借りれる世の中になって助かっている人も多いと思います。カードローンや消費者金融のキャッシングは他のローンと比べると提出書類が少なく審査スピードも速く申し込んだ当日に借りれることもあるのでなくてはならないものと感じている人もいるかもしれませんね。ただ、審査が簡単とはいえ、貸す方からしたら確実に回収したいわけですから、一定の条件を満たしていないと借りることができません。

 

カードローンやキャッシングでお金を借りるための最低条件は、本人に安定継続した収入があることです。ですから、無職で全く収入がない人はキャッシングやカードローンを利用することはできません。ただ、本人が無職でも配偶者に安定した収入があれば申し込みができるキャッシングもあります。また、学生ローンなら無職で仕送りで生活している学生も申し込める場合があります。その他、一部の銀行カドローンでは年金受給のみの無職の人も借り入れができる場合もあります。こうした例外を除いで無職の人が安全な消費者金融でお金を借りれる方法ほぼないので、無職の方で生活に困窮している方はキャッシングやカードローンではなく、公的な貸付制度や生活保護などの方法で対処することをお勧めします。

 

また、カードローンやキャッシングでお金を借りれるのは信用性があり返済能力もあるとみとめられた人です。返済能力に関しては安定した収入があることのほかに、現在の借り入れ件数や借入残高の総額が多すぎないということも大事になってきます。どれくらいからが「多い」とみなされるかは金融機関によって判断が異なりますので一概には言えませんが、銀行カードローンの場合は他社借り入れ件数が3社までなら審査に通る可能性はあるとされています。中小規模の消費者金融のキャッシングなら4社以上でも審査に通ることがあります。また、借入総額が多くても借り入れ件数が少なければ審査には有利なようです。借入残高が同じなら借り入れ件数が少ない方が貸し倒れのリスクが少ないと判断するようです。

 

信用性に関しては、現在のキャッシングやカードローンの返済、また携帯電話の料金の支払いをきちんと約定日にしているかということがチェックされます。銀行や消費者金融は信用情報に問い合わせれば毎月の返済が遅れていないかをチェックできるので、これによって信用できる人かどうかを判断することができます。また、勤続年数が長いとか、賃貸で居住年数が長いということも信用性があるともなされる要素です。賃貸の居住年数が長ければ家賃を毎月きちんと払っている信用できる人とみなされるわけですね。

 

また、勤続年数が長い人のほうが仕事を転々とする人よりも信用性があるとみなされ審査には通りやすくなりお金を借りれる可能性は高くなります。そんなうわべの数字だけで信用性を判断してほしくないと思うかもしれませんが、キャッシングやカードローンの仮審査はコンピューターによる自動審査ですので、どうしても数字で判断するしかありません。それにこの自動審査のおかげで即日お金が借りれるというメリットも生まれているわけなので受け入れるほかありません。キャッシングやカードローンでお金を借りれるのは信用性があり返済能力のある人です。将来借り入れをしようと考えている方はこのことを十分意識して生活してくださいね。

更新履歴